パラダイムシフト / TANEBI

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、TANEBIというアーティストのパラダイムシフトという曲を。

 

普段はRockが好きでJ-POPはあまり聴かなかったが作曲を本格的に始めてからはジャンルにこだわらずに様々な曲を聴くようになってそこで当時、デビュー前だったUSAGI(改名前の名前)に出会った。そんなわけで、デビュー前からUSAGIの曲は聴いていていろんな曲がある中で今日は、この曲を紹介します。

 

実はこの曲、現時点では音源化されていませんが後々、音源化されると思います。

 

 

 

パラダイムシフト / TANEBI  歌詞

 

 

 

 

 

パラダイムシフト (Paradigm Shift)

 

 

 

 

もう一生 空なんか見なくていいほど
見上げていたんだ
悔しい気持ちで溢れた涙
溢さないように

三度目の挑戦も失敗だったと
指差されたって
何一つ 無駄なんか無かったのだと
僕は信じたい

かくれんぼみたいに 最後はいつも
見つけ出されてしまう
夢だからさ 諦めるのを諦めた

過去さえ変えれる力を持って
僕は生まれて来たんだ
強くて 優しい自分に逢えたら
過ぎ去った日々に無意味なことなんて
ひとつもないから

 

 

 大丈夫 無理矢理笑顔作って
君は言うけど
隠した「助けてほしい」のサイン
ちゃんと気付いてるから

今日もまた過去問のない問題に
悩んでるけど
誰もが初めての素人なんだ
間違えていいんだよ

傷つきやすくて 繊細なとこが
僕は好きなんだよ
君と僕は似た者同士みたいだね

 

 過去さえ変えれる力を持って
君は生まれて来たんだ
沈んでく 夕陽が朝日に見えた
そんな魔法をいつでも心で
唱えられるから

 

 残された日々 燃料に走って
自分らしさのランタンを灯して
その灯りは川になって
その流れは唄になって
その響きは人の未来を描いてく
未来は今を 今は過去を 輝かせ始める
さぁ パラダイムシフト

  


君とね 出逢えたことが嬉しくて
嫌なこと全部 忘れたよ

 

 

過去さえ変えれる力を信じて
僕は明日へと走り出す
耳には瞼が無くて良かったよ
隣を走ってく 足音を
今 君に響かせるから

僕らすべて変えていけるよ 今

 

 

 

 

 

生きていれば過去を悔んだり後悔することも少なからずある。
だけど、そういった過去の出来事があったからこそ今の自分がある。
過去から未来という直線の上に僕らはいて、過去の先に現在があって現在の先に未来がある。

過去も現在も未来も互いに関係していてどんなに嫌な過去も、どんなに苦しい現在も、そして明るい未来も、切っても切れない繋がりの上で成り立っている。

そんな当たり前のことをこの曲を聴いて改めて感じた。

数々のTANEBIの曲の中でもTANEBIを代表する そんな1曲になるというかもうすでになりつつある そんな1曲だと個人的には思っています。

 

音源化されることを楽しみに待ちながら僕も自分が納得できる1曲を生み出せるように日々 音を紡ぎ 曲を書いていく。

 

 

 

再勇記

再勇記

 

 

 

スターマイン

スターマイン

 

 

 

帰国

 

 

 

約1週間のひとり旅を終え、帰国しました。

 

様々なところを訪れ、

様々な物を見て、

自らの足で歩き、

現地の人と会話をして、

普段とは違うことを沢山考えて、

多くの経験が出来た、そんな1週間でした。

 

詳しくはまた書くと思います。

旅行記的なエントリーをゆっくりと。

 

次、いつひとり旅に行けるかは分からないけど、その日まで日本で色々なものに追われながら頑張りたいと思います。

 

次は欧州へ戻りたい。

特にドイツにはあの数年間に置いてきてしまったモノを取りに戻らないといけないので。

 

 

 

ひとり旅。

 

 

今日から少しの間、ひとり旅に出てきます。
行きたい国はいくつもあって、最終的に行き先を決めたのは二日前。

直前まで行き先を悩めるのもひとり旅の良いところかなと思う。

キューバポルトガルにも行きたいけど、今回はお預け。
ここ数年は欧州にいたので、今回は近場の国に行ってきます。

現地でどこに行くとかあんまり決めていないけど、
気の向くままに、楽しんできたいと思います。

いろんなものを観てきたい。

では、行ってきます。

ラストゲーム

 

 

26日、日産スタジアム

翔哉のFC東京でのラストゲーム

移籍前、日本でのラストゲームを見届けてきた。

 

f:id:jtwya_s21:20170904113908j:image

 

 

移籍前ってこともあるし、最近の起用のされ方をみても、長くても出場時間は15分あるかないかだと思っていた。

 

丁度、その日は何の予定もなくて、行くしかなかった。

 

試合前のアップは、ずっと翔哉を目で追った。
ボールタッチの感覚も良さそうだったし、何よりキレがあった。
安間さんとのドリブル練も、シュート練も翔哉は変わらずって感じだったけど、安間さんの気持ちは察するに余りあった。

 

ウタカは、最後まで彼のことを気に掛けていて、プレーだけでなくそういう面でも、素晴らしい選手だなと思った。

 

前半途中で、東京のGK林選手が倒れて、
一時、ゲームが止まった。
正直、その時に思った。
GKの交代で交代カードの3つのうちの1つを使わないでくれと。

今日だけは、頼むと。

それだけをずっと祈っていた。
幸い、大事には至らず、交代もなかった。

 

 

前半は0-0で折り返した。
東京のサッカーに言いたいこともあるが、今回は内容にはあまり触れない。

 

控え組のハーフタイムのアップも翔哉をずっと追いかけた。
出場がない可能性だってある。
そんな覚悟もしていた。

 

2nd halfの中盤に差し掛かって、
ベンチに声が掛かった。
呼ばれたのは永井選手だった。
東京が3バックにシステムを変更して、
翔哉の起用は主に2トップの一角か中盤の前。
同じトップを主戦場とする選手の投入は、翔哉登場の可能性を下げた。

 

そして迎えた、78分頃、再びベンチに声が掛かった。
呼ばれたのは、翔哉だった。
周りに座っていた、東京サポの方々も翔哉が呼ばれたことで沸いた!

 

翔哉がこんなに愛される選手になっていたんだなと
今まで以上に、実感した瞬間だった。

 

登場は、80分頃。
米本選手と変わって中盤の前目に入った。
翔哉が入った直後には、マリノスベンチも動いた。直輝が投入された。
モンバエルツも粋なことしてくれるなぁと。

 

普段は、ボールを持った選手も観るのは2割くらいで、8割は他を観るのが僕の通常のサッカーの見方だけど、この日だけは、残りの時間だけは、10割近く翔哉を追った。ドリブルも、バーを叩いたループも、全てを目に焼き付けた。

 

その後、失点を喫して0-1で好調なマリノスに敗戦。
上手くいかないのがサッカーだ。
翔哉のラストゲームは、苦いものとなった。

 

アディショナルタイムを含めて、15分弱。
今日は、この15分を観るための、目に焼き付けるための1日だった。

 

正直、早く出て行くべきだとずっと思ってたから、良かったと思う。

 

ポルトガルでもサッカーを楽しんで、
上を目指してほしい。

 

翔哉に負けないように、俺も頑張ろ。
やることやって、楽しむ。

 

9月2日、翔哉がカップ戦でポルトガルデビューを飾った。
その試合については、また後日。

 

 f:id:jtwya_s21:20170904114020j:image