追う者と追われる者 ~第30節 広島vs川崎~

 

 今日の広島とのアウェイゲーム。
相手は残留争い最中のチームで、最近のチーム状況は上向き。

難しいゲームになると予想できた。
その予想通りの立ち上がりになった。
広島の厳しい寄せに前半はパスが繋がらない展開。
それゆえに、パスのテンポも上がらずに、攻め込まれる時間帯が続いた。

大島、阿部が怪我。ネット、家長が出場停止。主力4人を欠く、苦しいチーム事情もシーズン終盤はどこのチームにもこういった状況は訪れる。昨年も同じような状況で結局CS、天皇杯ファイナルも敗れた。
こういった状況でこそ、このチームの真価が問われる。

負の連鎖は止まらず、前半好セーブを見せていたGKチョン・ソンリョンが前半途中で負傷交代。新井が交代で入った。

しかし、守備陣が奮闘し、なんとか失点せずに前半も残り5分ほどに差し掛かった。
中村のセットプレーから、得点が生まれた。雨でボールが滑る状況だったことも幸いし、ラッキーな形ではあったが、待望の先制点を奪った。その直後にも、中村の縦パスから、三好が左足を振り抜いて2点目。最高の形で前半を折り返した。



三好の今季リーグ初ゴールは嬉しい。まだまだ出来るとは思うが。
三好について触れている記事はこちら。↓

jtwya-s21.hatenablog.jp

 





先制点が入ってから、攻撃にリズムが出ていた印象。
昨年までならば、押し込まれて内容が悪い際には耐えきれずに失点してしまう癖があったため、チームの成長を感じた。

長谷川竜也に代えて、登里がはいいた際に、長谷川の表情が印象的だった。このゲームを通して、よく走っていて貢献度は高かったが、少し空回りしていた印象で、熱くなる場面も見られた。ベンチに下がる際に、苛立ちを露わにする姿を初めて見た。それだけ気持ちが入っていたゲームであったことが見て取れたし、彼はもっと成長できるだろうと確信した。

ゲームに話を戻すと、後半は両チーム共にチャンスは作ったが、決めきれず。0-2のまま、試合は80分へ。変わって入ったGK新井のパントキックから小林悠がDFをブロックし、右足を振り抜き、今季18点目を決め、0-3で勝負あり。



 19時K.O.で始まったマリノスvsアントラーズのゲームは打ち合いの末に3-2でマリノスが勝ち切った。ありがとうマリノス

この結果を受けて、残り4試合で勝ち点差は2。
ここからルヴァン杯の決勝、天皇杯順々決勝、そしてリーグ戦と、ハードな日程で進んでいく。

今いるメンバーで勝ち切っていく必要がある。
チーム一丸となって、総力戦で頂点を目指していく。
悲願のタイトルへ、引き分けも負けと同じ。残りのゲーム全てを全員で勝ちに行こう。
もう一度、気を引き締めて、目の前の試合で全力を。






『指揮官』~10月のAマッチ2試合~

 

 

 

「選手たちに裏切られた気分だ。次は23人入れ替えるかもしれない。」

 

ハイチ戦後の指揮官のコメントだ。

 

言葉は悪いが、お前が言うか。と思った。親善試合で采配も何も無いかもしれないが、練習試合だろうが、親善試合だろうが、はたまたW杯の決勝だろうが、相手が大学生だとろうが、格下だろうが、格上だろうが、監督の仕事は同じだと思う。

 

確かに選手を試すゲームであったのは事実で、2試合とも、6つあるカードをすべて使い選手にチャンスを与えたことは良かったと言える。しかし、交代で出す選手はともかく、下げる選手の選択を間違えてはいけなかったと思う。ゲームが終わってからあれこれ書いても"所詮、結果論だろ"と言いたい人もいるかもしれないが、ゲームをしっかりと観ていた人なら変えてはいけない選手、というより変えようと思わない選手がいたと思う。

 

その選手とは、小林祐希だ。指揮官は56分、その小林に変えて井手口をピッチへ送り出した。2-2に追いつかれて少し経過してからの交代だった。失点前から準備させていたのかもしれないけれど、小林祐希がベンチに引っ込んでから、日本のリズムは完全に失われた。その後、逆転された日本は、終了間際に辛くも追いつき、ドローで10月のAマッチを終えた。

 

小林祐希90分出していたからといって、このゲームに勝てていたかというと、それは断言することは難しいが、ずっとマシな後半の内容になっていただろうと容易く想像できる。

 

 

お世辞にも内容が良かった試合だったとは言えないし、選手たちのパフォーマンスも最低レベルだった。だが、ゲームをトータルするとこのゲームの結果をもたらしたのは指揮官の采配ミスという要因もあると思う。

 

ポゼッションを捨てるサッカーに固執するハリルのサッカー。中盤にはゲームを作れる、リズムを生み出せる選手を配置することはほぼない。それどころかベンチにすらそういった選手が座っていないゲームばかりだった。

この日は、小林祐希が初スタメン。ハリルの思考するサッカーへのアンチテーゼを自らのプレーで見せたのではないか。

 

中盤でボールに触れる回数も多かったし、左右に散らしたり、簡単に捌いて、動き直してまた受ける。これをスタートから途中交代するまで繰り返していた。

 

最近は、こういった選手は代表にはいなかったと思う。オランダにいってから少し変わってきた感じはある。

 

ニュージーランド戦、そしてハイチ戦、この2試合で共に1番良かった選手、1番印象に残った選手は小林祐希だった。

 

ハイチ戦では中盤でボールを捌き、そして、散らしてゲームのリズムを生み出していたし、縦パス、スルーパスで決定的なチャンスも演出していた。

 

指揮官が違えば、メンバーからも外れるであろう、低調な選手を使うのであれば、小林祐希を使う方が100倍いいなと思ったゲームだった。

 

その小林祐希を後半途中で交代させたこの采配が明らかなミスだったと思う。

小林を下げてしまったことで日本はリズムを完全に失った。

 

出しては動く、出しては動く。このサッカーの基本とも言える単純なプレーだけど、ハイチ戦のように出来れば、自分のプレーのリズムも、ゲームのリズムも生み出せると観ていて感じた。

 

 

 

日本代表監督に今の指揮官が就任してから、全てのゲームを観てきたが、色々と思うところがある。その中でも1番の不満は、指揮官のフィロソフィーだ。

 

弱者のサッカーを志向すること自体は間違った選択ではないと思う。W杯ではほとんどのチームが日本よりも格上のチームで、日本が常に主導権を握ってサッカーができるわけではないからだ。しかし、何か重要な点を履き違えている気がしてならない。奪ったらすぐに前に出せという要求、前線の選手の個のチカラ有りきの退屈なサッカー。縦に速いサッカーというよりも、戦術など全くなく、引いて守って、取ったら前の選手に個で何とかしてもうサッカー。内容をとやかく言うレベルではないかもしれない。勝てるサッカー、現実的なサッカーをして、勝てるようになってから内容を求めろと言われるかもしれないが、少なくとも奪って前に蹴るだけの1片等なサッカーにはうんざりだ。

 

 

一体、日本サッカーの良さは今現在のサッカーのどこにあるのだろうか。日本人の特性はどう活かされているのだろうか。

植田を呼び続けても、1度も使わない理由も分からない。

 

 

先ほど、ハリルが監督に就任してから全てのゲームを観てきたと書いたが、その中で良かったなぁと思ったゲームは一つも無かったと個人的には思う。アウェイのオーストラリア戦での原口が挙げた先制ゴールのようにうまくショートカウンターがハマったケースはあったが、試合全体をトータルすると良かったと思えるゲームはやはり、1試合もなかった。

 

年々、代表監督のハードルは上がり続けていると言うことはは理解した上で言っている。しかし、これはどこの国の代表監督でも同じことだろう。であるから、これは言い訳にはならない。

 

 

11月の欧州遠征、ここで指揮官の固執するサッカーが本当の意味で試されることになるであろう。フランスでのブラジル戦、そしてブルージュでのベルギー戦。この2試合はロシア行きの船の舵をどの方向に切るかを決断する上でとても重要なゲームとなる。このチームの今後を大きく左右する180分になるだろう。指揮官の言葉から推測すると、試された位置にいた多くの国内組は恐らく招集されないだろう。コンディション的にも、次は今回呼ばれていない欧州組が試される可能性は大いにある。森岡、宇佐美、鈴木大輔、そして翔哉。もしかしたら内田。仮に呼ばれれば、ロシアへのサバイバルのラストチャンスになるだろう。そして、今回招集を見送られた岡崎、長谷部、本田も怪我などがない限りは呼ばれるだろう。

 

 

指揮官よ、トップ下に香川を置いて、守備的なボランチ2枚並べてゲームを組み立てる気がなく、ポゼッションを捨てることに固執し続けるなら、戦えて、チャレンジ出来る選手をトップ下に置いてくれ。

 

退屈なゲームを観るくらいなら、積極的に仕掛け、チャレンジしてくれる選手を観たい。

 

戦術の引き出しが無いなら無いなりにやりようはあるはず。

何はともあれ、11月の2試合。
W杯への試金石。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第28節 川崎フロンターレvsC大阪

 

 

 f:id:jtwya_s21:20171003115931j:image

 

前節、神戸とのアウェイゲーム。
勝たなければならないゲームだった。
アウェイとはいえ、2ポイントを失った。

 

そして、今節はホームにC大阪を迎えた。
今季の最初の対戦では、長居で良いところもなく敗れた相手。
借りを返す意味でも、鹿島を超えていくためにも、勝ち点3が必要なゲーム。

 

 

f:id:jtwya_s21:20171003115846j:image

 

 

キックオフから試合終了の笛が鳴るまで、終始ゲームを支配し続けた。
何点取っても、まだまだゴールを貪欲に狙い続けた今日のチームからは、優勝への強い意志を感じた。

 

僚太や阿部が怪我で離脱した中で、先発した選手も、途中から出た選手も本当にチームで良く戦ったゲームだった。

 

僚太のところに入った森谷の出来は言わずもがなだろう。ゴールはもちろんゴラッソだったが、それ以上に、長短織り交ぜたパスでゲームを作り、時には身体を投げ出してファイトしていて、もちろん、今までも良い選手だとは思っていたし、森谷のシュートの技術の高さはフロンターレサポの中では周知されていたと思うけど、こんなに良い選手がここ数試合ベンチに座ってたのかと思わされた。森谷自身、気持ちもいつも以上に入っていたと思う。森谷賢太郎という選手に対する見方がガラッと変わったゲームだった。

 

もう一人のボランチエドゥアルド・ネットの出来も素晴らしかった。
2点目のアシストはもちろん、今日のゲームでは縦パスを良く狙っていて、それでいてあまり、相手に引っかかることもなくて、チームの攻撃のスイッチを入れるプレーが効果的だった。

 

f:id:jtwya_s21:20171003115943j:image

f:id:jtwya_s21:20171003115955j:image

f:id:jtwya_s21:20171003115949j:image

 

 

 

 

そして、今日のゲームは、全員がいつもよりゴールを意識して、積極的に、かつ貪欲にゴールを狙ってプレーしていたことが感じられた。

5点取っても、守備に重きを置くのではなく(フロンターレの哲学にはあまりないが)6点目を狙っていけるチームはまだまだ成長出来ると思う。単純に、観ていても面白い。

 

フロンターレは、お世辞にも層が厚いチームだとは言えなかったが、層が厚くなって来たなぁと思わずにはいられなかった。

 

アディショナルタイムを入れて、残り5分少々のタイミングで鬼木さんは、ここ最近、メンバーに入れずに、ベンチ外となることが多かった三好を投入した。

この交代は単なる時間稼ぎではないと思えた。鬼木さんなりの愛情だったのではないか。そんな風に思えてならない。

守りに入るなよというチームへのメッセージもあったかもしれないが、僕は三好に対するメッセージだと思うのだ。
三好の練習への取り組みや出来がこの5分を生んだのかもしれないが。

 

昨季の終盤、三好の活躍は目覚しいものがあった。大久保がボールを呼び込んでも、自分のプレーをやり切って、大久保に怒号を飛ばされても、次も自分でやれると思えば、自分でシュートまで持っていける強い意志とメンタル、そして技術が存分に発揮されていた。

 

今季は、このゲームを含めて、リーグ戦での出場は10試合目。昨季の活躍を考えると物足りないと思わざるを得ないのが事実だろう。

 

鬼木さんは、あの短い時間でも三好を投入したのは、怪我で離脱した選手も出てきたことも少なからず影響しているのかもしれない。リーグ戦も終盤に入って、優勝のためには、いつものスタメンだけでなく、ベンチからスタートする選手など、新しい選手の活躍が必須になってくる。そういう意味でも、ここまであまり活躍出来ていない三好に対して、もう一度、"ここまで這い上がってこい"と、"再スタートだ"というメッセージだったのではないかとあくまでも個人的に思う。

 

 

僕は開幕前に今季のキープレーヤーは三好だと書いたが、残り6試合で頂点に達するために、三好の奮起、活躍に期待したい。

 

三好康児は、こんなもんじゃない。

 

 

次も3ポイント取る。

 

 

 

 

パラダイムシフト / TANEBI

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、TANEBIというアーティストのパラダイムシフトという曲を。

 

普段はRockが好きでJ-POPはあまり聴かなかったが作曲を本格的に始めてからはジャンルにこだわらずに様々な曲を聴くようになってそこで当時、デビュー前だったUSAGI(改名前の名前)に出会った。そんなわけで、デビュー前からUSAGIの曲は聴いていていろんな曲がある中で今日は、この曲を紹介します。

 

実はこの曲、現時点では音源化されていませんが後々、音源化されると思います。

 

 

 

パラダイムシフト / TANEBI  歌詞

 

 

 

 

 

パラダイムシフト (Paradigm Shift)

 

 

 

 

もう一生 空なんか見なくていいほど
見上げていたんだ
悔しい気持ちで溢れた涙
溢さないように

三度目の挑戦も失敗だったと
指差されたって
何一つ 無駄なんか無かったのだと
僕は信じたい

かくれんぼみたいに 最後はいつも
見つけ出されてしまう
夢だからさ 諦めるのを諦めた

過去さえ変えれる力を持って
僕は生まれて来たんだ
強くて 優しい自分に逢えたら
過ぎ去った日々に無意味なことなんて
ひとつもないから

 

 

 大丈夫 無理矢理笑顔作って
君は言うけど
隠した「助けてほしい」のサイン
ちゃんと気付いてるから

今日もまた過去問のない問題に
悩んでるけど
誰もが初めての素人なんだ
間違えていいんだよ

傷つきやすくて 繊細なとこが
僕は好きなんだよ
君と僕は似た者同士みたいだね

 

 過去さえ変えれる力を持って
君は生まれて来たんだ
沈んでく 夕陽が朝日に見えた
そんな魔法をいつでも心で
唱えられるから

 

 残された日々 燃料に走って
自分らしさのランタンを灯して
その灯りは川になって
その流れは唄になって
その響きは人の未来を描いてく
未来は今を 今は過去を 輝かせ始める
さぁ パラダイムシフト

  


君とね 出逢えたことが嬉しくて
嫌なこと全部 忘れたよ

 

 

過去さえ変えれる力を信じて
僕は明日へと走り出す
耳には瞼が無くて良かったよ
隣を走ってく 足音を
今 君に響かせるから

僕らすべて変えていけるよ 今

 

 

 

 

 

生きていれば過去を悔んだり後悔することも少なからずある。
だけど、そういった過去の出来事があったからこそ今の自分がある。
過去から未来という直線の上に僕らはいて、過去の先に現在があって現在の先に未来がある。

過去も現在も未来も互いに関係していてどんなに嫌な過去も、どんなに苦しい現在も、そして明るい未来も、切っても切れない繋がりの上で成り立っている。

そんな当たり前のことをこの曲を聴いて改めて感じた。

数々のTANEBIの曲の中でもTANEBIを代表する そんな1曲になるというかもうすでになりつつある そんな1曲だと個人的には思っています。

 

音源化されることを楽しみに待ちながら僕も自分が納得できる1曲を生み出せるように日々 音を紡ぎ 曲を書いていく。

 

 

 

再勇記

再勇記

 

 

 

スターマイン

スターマイン