読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなく透明に近いブルー / 村上龍

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) まず、書き出しがインパクトがある。 「飛行機の音ではなかった。」 この書き出しから始まる。 最初に読んだのは、18歳のとき。少し読みにくさも感じたが、 徐々に、タイトルの意味とこの作品がマッチしてきた。 18歳…

少女は卒業しない / 朝井リョウ

少女は卒業しない (集英社文庫) 僕自身、暗い作品が好きだったりするが、朝井さんの作品は読みたくなってしまう。 タイトル通り、卒業がテーマの青春小説。 好きな表現というか、フレーズがいくつもあった。 それぞれが様々なものを抱えながら卒業していく、…

69 sixty nine / 村上龍

69 sixty nine (集英社文庫) 好きな作家の一人である村上龍。 彼の作品の中で1番最初に読んだのがこの作品。 著者自身の体験からくる小説。 舞台は1960年代。 僕自身は学生運動みたいなものとは無縁だけど、学校社会や教師とは反りが合わなくて、ずっと反抗…

遮光 / 中村文則

遮光 (新潮文庫) 僕が本格的に本を読みだしたときの1冊目に読んだ小説。 書店で何を読もうか探していて、ジャケ買いというか、タイトル買いした。 まぁいきなり長編を読むのに気が引けて、薄くてちょうど良いものを買おうとしていたのもあるが。 本の厚さ的…

本を読み、言葉を手にする。

大学に入ってから、本を読むことが増えた。 昔は、全くと言っていいほど、本を読んでこなかった。 自分の興味がある本を偶に読むくらいだった。 大学に進んだころから移動時間が増えたのもあって、 その時間を有効に使いたいと考えて、読書の時間に充てた。 …