第5節 ベガルタ仙台vs川崎フロンターレ

 

 

 

国際Aマッチウィークを挟んで、およそ2週間ぶりのJリーグ

フロンターレは11人の離脱者が出ていて、

チーム事情は厳しい中で迎えた今節。

 

スタメンは以下の通り。

 

GK  チョン ソンリョン

DF  登里 享平

       奈良 竜樹

       谷口 彰悟

       車屋 紳太郎

MF  大島 僚太

       エドゥアルド ネット

       ハイネル

       中村 憲剛

FW 長谷川 竜也

       小林 悠

 3バックでほぼ0トップに近い形でスタートし、

長谷川、ハイネルがスタメンに名を連ねた。

 

前半からゲームを優位に進められた。

仙台の前線からのプレスから攻撃を展開された場面もあったが、なんとか防いだ。

 

前半の中盤は、憲剛を中心に仙台DFの背後のスペースを狙った。

小林悠の背後をつく動きで何度かチャンスを作ったが、決め切れず。

 

そして、待望の瞬間が訪れたのは、27分だった。

小林悠がハイネルからのパスを受け、ペナルティエリアの右から強引に突破し、

グラウンダーのパスをゴール前へ送ると、

この試合、スタメン起用の長谷川が合わせて先制点を奪った。

長谷川はこれが嬉しい今季初ゴール。

 

このまま、試合を折り返す。

 

f:id:jtwya_s21:20170402175712j:plain

(↑前半終了時のスタッツ)

 

後半もフロンターレのペースで試合が続いていたが、

52分、大島が負傷交代を余儀なくされる。

代わって、今季リーグ戦初出場の森谷賢太郎をピッチへ。

 

その後、ネットも負傷交代で、ますます厳しい台所事情に、、、

 

80分過ぎ、右サイドで細かいパスワークから、再びハイネルからパスを受けた小林が強引に突破し、ゴール前へパスを送り、飛び込んできた途中出場の森谷がダイレクトで合わせて追加点。

 

その後は、仙台がクリスランを投入し、ボールをクリスランに集めたが

ソンリョンを中心に集中して守り切った。

 

0-2でフロンタレーが勝ち切った。

 

f:id:jtwya_s21:20170402175610j:plain

(↑試合スタッツ)

 

離脱者が多い中で代わって起用された選手(長谷川や森谷)が結果を出したことはポジティブな要素であるし、ゲームを通して良いパフォーマンスだった憲剛と悠。

そして、攻撃では良いアクセントになって2点の起点になり、守備でも貢献した新加入のハイネル。フィットしてきたなと感じるゲームだった。

 

また負傷者が出て、厳しい状況は変わらないが、

今いるメンバーで次のホームでの甲府戦も勝ち点3を得たい。