読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなく透明に近いブルー / 村上龍

Book 村上龍

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

 

 まず、書き出しがインパクトがある。

「飛行機の音ではなかった。」

この書き出しから始まる。

最初に読んだのは、18歳のとき。少し読みにくさも感じたが、

徐々に、タイトルの意味とこの作品がマッチしてきた。

 

18歳でこの作品を読むことが出来て良かったと思う。

 

 衝撃を受けた数少ない作品。

最初に読んでから数年経った今、もう一度読みたいと思う。

 

 

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)