本田圭佑の言葉

 

自らの命を自らの手で奪う。

そんな若者がこの日本で増えている。

そんな記事を読んだ。

 

その記事に対して、本田圭佑が持論を呟いた。

 

厳しくも、優しい言葉。

僕自身は、そう感じた。

 

本田の呟きに対して、

「こういう人がトドメを刺すんだ」っていうモノを目にした。

それは、違うのではないか。

 

本田の言葉の真意。

 

僕自身、数年前にドン底まで沈んだ日々があった。本当に、人生を終わらせようかという間際まで沈んだ。抜け出そうにも抜け出せない。一筋の光すら見い出すことすら出来ない。思い出したくもない苦しい日々だった。

 

今、苦しくない訳ではないが、あの時期に比べれば、少しは日の当たる場所を歩けている。

 

結局、誰も助けてくれないし、自分で光の当たるところまで這い上がるしかないのだ。

 

人のせいにしたところで、社会のせいにしたところで、自分の状況は好転しない。

自らの足であるくしかないと、彼も分かっているからこそのあの言葉だったのだろう。