第28節 川崎フロンターレvsC大阪

 

 

 f:id:jtwya_s21:20171003115931j:image

 

前節、神戸とのアウェイゲーム。
勝たなければならないゲームだった。
アウェイとはいえ、2ポイントを失った。

 

そして、今節はホームにC大阪を迎えた。
今季の最初の対戦では、長居で良いところもなく敗れた相手。
借りを返す意味でも、鹿島を超えていくためにも、勝ち点3が必要なゲーム。

 

 

f:id:jtwya_s21:20171003115846j:image

 

 

キックオフから試合終了の笛が鳴るまで、終始ゲームを支配し続けた。
何点取っても、まだまだゴールを貪欲に狙い続けた今日のチームからは、優勝への強い意志を感じた。

 

僚太や阿部が怪我で離脱した中で、先発した選手も、途中から出た選手も本当にチームで良く戦ったゲームだった。

 

僚太のところに入った森谷の出来は言わずもがなだろう。ゴールはもちろんゴラッソだったが、それ以上に、長短織り交ぜたパスでゲームを作り、時には身体を投げ出してファイトしていて、もちろん、今までも良い選手だとは思っていたし、森谷のシュートの技術の高さはフロンターレサポの中では周知されていたと思うけど、こんなに良い選手がここ数試合ベンチに座ってたのかと思わされた。森谷自身、気持ちもいつも以上に入っていたと思う。森谷賢太郎という選手に対する見方がガラッと変わったゲームだった。

 

もう一人のボランチエドゥアルド・ネットの出来も素晴らしかった。
2点目のアシストはもちろん、今日のゲームでは縦パスを良く狙っていて、それでいてあまり、相手に引っかかることもなくて、チームの攻撃のスイッチを入れるプレーが効果的だった。

 

f:id:jtwya_s21:20171003115943j:image

f:id:jtwya_s21:20171003115955j:image

f:id:jtwya_s21:20171003115949j:image

 

 

 

 

そして、今日のゲームは、全員がいつもよりゴールを意識して、積極的に、かつ貪欲にゴールを狙ってプレーしていたことが感じられた。

5点取っても、守備に重きを置くのではなく(フロンターレの哲学にはあまりないが)6点目を狙っていけるチームはまだまだ成長出来ると思う。単純に、観ていても面白い。

 

フロンターレは、お世辞にも層が厚いチームだとは言えなかったが、層が厚くなって来たなぁと思わずにはいられなかった。

 

アディショナルタイムを入れて、残り5分少々のタイミングで鬼木さんは、ここ最近、メンバーに入れずに、ベンチ外となることが多かった三好を投入した。

この交代は単なる時間稼ぎではないと思えた。鬼木さんなりの愛情だったのではないか。そんな風に思えてならない。

守りに入るなよというチームへのメッセージもあったかもしれないが、僕は三好に対するメッセージだと思うのだ。
三好の練習への取り組みや出来がこの5分を生んだのかもしれないが。

 

昨季の終盤、三好の活躍は目覚しいものがあった。大久保がボールを呼び込んでも、自分のプレーをやり切って、大久保に怒号を飛ばされても、次も自分でやれると思えば、自分でシュートまで持っていける強い意志とメンタル、そして技術が存分に発揮されていた。

 

今季は、このゲームを含めて、リーグ戦での出場は10試合目。昨季の活躍を考えると物足りないと思わざるを得ないのが事実だろう。

 

鬼木さんは、あの短い時間でも三好を投入したのは、怪我で離脱した選手も出てきたことも少なからず影響しているのかもしれない。リーグ戦も終盤に入って、優勝のためには、いつものスタメンだけでなく、ベンチからスタートする選手など、新しい選手の活躍が必須になってくる。そういう意味でも、ここまであまり活躍出来ていない三好に対して、もう一度、"ここまで這い上がってこい"と、"再スタートだ"というメッセージだったのではないかとあくまでも個人的に思う。

 

 

僕は開幕前に今季のキープレーヤーは三好だと書いたが、残り6試合で頂点に達するために、三好の奮起、活躍に期待したい。

 

三好康児は、こんなもんじゃない。

 

 

次も3ポイント取る。